カテゴリ:和菓子( 61 )

鞍馬の清流

今日もタイムリーなネタではありませんが^^;

ベルメゾンのマンスリークラブで「私が作る京和菓子」というコースがあり
それを取り寄せて作ってみました。

毎月1回送られてくるのですが
7月は「鞍馬の清流」(作ったのは8月^^;)


DSCF4059.jpg




牛若丸こと源義経が天狗から兵法を学んだ場所とされる
京都・鞍馬山
牛若丸が口を潤したという鞍馬の清らかな水を
2色の外郎で表現しています

しか〜し

DSCF4058.jpg


 
 作ってはみたけれど
 成形がへたっぴーで
 ビシッと決まらない(?▽?*) ・・・ァハハ

 次回は(もう来てるけど^^;)

 がんばります!!


[PR]
by haru-noe | 2011-09-09 12:06 | 和菓子

先月の和菓子教室

最近タイムリーに更新できていませんが^^;

先月の和菓子教室のご紹介です。

メインは丸ぼうろ(写真はありませんが・・・)
材料を混ぜて生地をしばらく寝かせてオーブンで焼けばできあがり!!
さっくりしっとりの生地が美味でしたぁ

そして7月といえば七夕
季節の上生菓子は鹿の子で天の川を表現し

DSCF4045.jpg

もう一つは・・・・・・・・・・
先生がタイトルを言っていたのですが
聞きそびれてしまいました^^;(玉手箱?って言ってたかなぁ???)

DSCF4044.jpg


あと、復習で
朝顔・朝顔の蕾・清流・わらび餅を作りました!

2011080722382716709.jpg


蕾についた朝露がステキ!!なんです。
ちょっとした手間で表情が変わりますね。

一昨年のものとはまた趣きが変わっていい感じ〜〜〜
[PR]
by haru-noe | 2011-08-07 22:55 | 和菓子

先月の和菓子教室〜水無月

先月の和菓子教室はまず水無月
                                     DSCF4021.jpg


「夏越の祓え」に因むお菓子で白玉粉や本葛粉
などを混ぜて蒸した生地に赤色が邪気払いに
なるので甘納豆を散らしています。
そして氷室の氷を象って三角形にしたものです。

生地がもちもちしていて想像以上に
おいしかったです^^




DSCF4019.jpg

そして練りきり生地のきんとんで紫陽花
何回やっても餡玉に濾した生地をつけることが
上手くいきません^^;

でも何とか形にはなったような・・・・
色あいがステキ〜〜〜〜





                                     DSCF4020.jpg




最後は去年も作ったさくらんぼ大福!!
さくらんぼ(佐賀錦)を餡で包み外郎生地で包餡しています。
見た目もとっても可愛くってお気に入りです!!







DSCF4018.jpg

           先月で和菓子を習い始めて丸2年。
           最初は2年で教室は終わりのようなことも言っていたのですが
           3年目も開催してくれるということでこれから
           益々楽しみで〜〜〜〜す♪
[PR]
by haru-noe | 2011-07-07 21:46 | 和菓子

和菓子教室〜皐月

月1回のお楽しみ〜和菓子教室

今月のメニューは「鮎焼き」(若鮎)・ひとくち茶通
季節の上生菓子が「紫陽花」「牡丹」

まずは鮎焼き

DSCF3943.jpg

鮎の季節が始まる6月頃からのお菓子だそうです。
目やえらはフォークをあぶって焼印をつけていま〜す。
ホットプレートの上で素手で生地を扱うのでとっても熱かったでした^^;

ひとくち茶通は
DSCF3950.jpg

                   DSCF3953.jpg




抹茶が入った生地を低温でじっくり焼いたお菓子。
少し乾燥させてから焼くので外側はカリッと固め
中のごまあんが美味!!







紫陽花は

DSCF3941.jpg

じょうよ練りきりの生地で包餡したものに
錦玉羹を周りにつけています。
写真では分かりませんが^^;キラキラしていてすっごく綺麗な紫陽花になっています
水色の透け感がステキです(*~。~* )))..

そして今回の一番のお気に入り
牡丹

DSCF3945.jpg

ピンク色の練りきり生地を白色の練りきり生地で包み
中央をくぼませ生地を上へ伸ばし形作ったものです

DSCF3947.jpg





花びらの先の白とピンクのグラデーションが
すっごくいいんですよ〜〜〜
かわゆす〜〜〜〜〜〜
[PR]
by haru-noe | 2011-05-26 23:18 | 和菓子

和菓子教室〜卯月

今月の和菓子教室は
春らしく粽(ちまき)に桜・草餅


DSCF3879.jpg


外郎粽(ういろうちまき)は端午の節句や祇園祭りの行事菓子で
厄除けになるそうです
蒸しあげた生地を熊笹で包み
それをもう1回蒸して生地に笹の香りを移します
口に入れると笹の香りが広がりなかなか美味でした



そして〜〜〜〜〜〜春山

DSCF3885.jpg


これ、どうやって作るんだろうと思っていたのですが・・・・・
なかなか根気のいる作業でした^^;

外郎生地で餡玉を包み
練りきり生地を桜の型でくり抜き一枚づつ外郎につけていきます
(外郎生地はべたつきがあるので上におくだけで簡単につきます)
細かくて根気のいる作業

でもコロンとした桜の山が
かわゆす〜〜〜〜〜〜☆


DSCF3891.jpg


ひとひらは桜の花びらを表現したもの
しずく型に型どることが難しかったです^^;


DSCF3895.jpg


草餅は柏餅の生地によもぎを混ぜたもの
笹の葉で包むと洒落た感じになりますね^^


DSCF3896.jpg


月1回のお楽しみ!!
来月は若鮎です。

また、また楽しみ〜〜〜〜(o^-^o) いひっ
[PR]
by haru-noe | 2011-04-28 23:00 | 和菓子

先月の和菓子教室

先月の和菓子教室は
州浜粉(すはまこ)を用いた半生菓子

DSCF3820.jpg


州浜粉は大豆を浅く煎って皮を除き挽いて粉にしたもので
落雁などに用いられるようです

味はきな粉そのもの
着色して色々な形を作っていきます
粘土細工をしているみたいで楽しい^^

2011040923285210827.jpg


そして季節のお菓子
うぐいす餅

生地は卵白が入る雪平(せっぺい)生地で
歯切れが良くやわらかなんですぅ

上生菓子は練りきりで作っています

花いかだは苦手な小田巻きを使って生地を押し出すんですが
何回やっても上手くできません^^;

季節を愛でる和菓子

この先もずっと春夏秋冬と四季折々の風景を感じていけたらいいなぁと思っています。
[PR]
by haru-noe | 2011-04-09 23:49 | 和菓子

雛の袖

灯りをつけましょぼんぼりに〜
お花をあげましょ桃の花♪

今日は楽しい雛祭りですね・・・・・

「女の子の日」ということで今日は桜餅をたくさんもらいました^^

早くお嫁にいけますように!!ということですが
すっかりいきおくれています(もう盛りも過ぎました^^;)

先月の和菓子教室で
雛祭りにちなんだお菓子を作りました。

DSCF3704.jpg


外郎生地で黄身餡を包んだ「雛の袖」
彩りが雛祭りにあっています^^
味もいいんですよ〜〜〜〜


2011022823161514320.jpg


今回は3種類の和菓子を習いましたが
もうひとつは
鹿児島のお菓子「いこもち」
作り方は超簡単!!
いこもち粉と砂糖・水を混ぜて少し捏ねればできあがり!!
いこもち粉は米を煎った粉なので火を通す必要がないそうです。
お店ではよく棒状のものを見かけますが
こうやって型で抜けば違った趣でいいですよね。(食べやすいし)

そして
こなし生地で作った「未開紅」
まだ開花する前の八重咲きの紅梅を表しています。
上生菓子には練りきり生地もありますが
この、こなし生地は関西が主流なんだそうです。
もちもちしていて
個人的には練りきり生地より好きでした。

今月も美味しかったぁ〜〜〜〜〜^^
[PR]
by haru-noe | 2011-03-03 19:07 | 和菓子

和菓子教室〜睦月

今月の和菓子教室のメニューは

DSCF3611.jpg

外郎生地で「水仙」「姫椿」

mu.jpg


「生茶大福」に
「幻の茶々まん寿」風の巻き菓子
そして渦巻き状のものが「観世水」


本日は全然文章が出てきません(~ヘ~;)ウーン

これにて失礼させていただきます(*_*)
[PR]
by haru-noe | 2011-01-21 22:53 | 和菓子

浮島

卵を使った代表的な蒸し菓子の浮島

卵白を泡立てて漉し餡に混ぜているので
きめが細かくしっとりとした生地に仕上がっています。


DSCF3601.jpg


蒸したては少し卵臭いですが冷めるとその臭いも消え
気になりません。

別名「蒸しカステラ」とも言うそうで・・・・・

色が三色に分かれているのは
一番下が湖底で
黄色と緑が浮いている葉等を表現しているということでした。

一日置いた方が味が馴染むということで
明日食べるのが楽しみで〜〜〜〜〜す!!
[PR]
by haru-noe | 2011-01-05 22:54 | 和菓子

和菓子教室〜師走

今年も残すところあとわずか。

働くようになって早〇〇年
初めて年末年始完全offとなったので
なんだか不思議な気分です。

さて〜
今月の和菓子教室のメニューは
焼餅・上生菓子(松竹梅)・干菓子

si.jpg


焼餅は上賀茂神社の門前菓子で薄皮に仕上げた餅皮で
   たっぷりと粒餡を包み両面を香ばしく焼き上げています。

上生菓子の松竹梅は

は粒餡に松ぼっくりに見立てた鹿の子に松の葉に見立てたきんとんを
  盛っています。
は練りきり生地を板状に伸ばしおだまきで押し出した緑2色と白色の生地を
  一本づつ板につけて生地をならし粒餡に求肥が入ったものをまいています
はピンクと白の生地を押し出し漉し餡を包み、梅の花にみたてた
 梅ペーストの入った練りきり生地をつけています。枝として昆布を飾っています。

干菓子は高級砂糖和三盆をたっぷりと使い
    形に押し付けて乾燥させたもので
    口の中に入れるとすーっと溶けます。(お味も上品)
    3cm位のものが1個150円はする高価なものだそうで
    お茶会の席にもなかなか登場しないそうです。
    それを今回は40〜50個は作りました〜

毎回・毎回大満足の和菓子教室。
来年も楽しみで〜す。
[PR]
by haru-noe | 2010-12-29 14:08 | 和菓子